全館空調システムに関する疑問について、詳しく解説するサイト『全館空調Q&A』

●●●全館空調って?●●●

【全館空調とは】

1つの空調システムだけで家をまるごと冷暖房し、24時間いつでも住居内を理想的な環境
に保つことが可能な空調設備です。

【高性能な家】

最近では家づくりのテクノロジーは大きく進歩し、今の住まいのほとんどは高気密・高断熱
で作られています。
外気の影響を受けにくくして熱ロスを最小限に抑えることで、冷暖房にかかるエネルギーの
消費量を削減できるように設計されています。
CO2の排出量を抑えて地球温暖化防止策に見合った、省エネルギー住宅となっています。

【相性の良さ】

住宅の熱環境の善し悪しを表わす数値として、「C値」「Q値」というものがあります。
これは住宅の高気密・高断熱住宅の性能を示す重要な数値です。
しかしどんなに高性能な住宅であっても住み方や空調方式によって、実際の性能はこの数値
から変わってしまいます。
例えば、ルームエアコンを設置すれば各部屋に室内機を設置することになり、その数だけ
室外機も設置する必要があります。
そしてその配管のためには、気密性の高い住まいにあえていくつもの穴をあけなければなら
ないのです。
一方全館空調システムは、2台程の室外機と1台の室内機だけで住宅をまるごと空調する事
が可能になります。
住宅の性能を最大限に引き出すことができる、理想的な空調システムといえます。

【インテリアへのこだわり】

全館空調の大きな特長に、室内に露出する壁掛け式ルームエアコンとは異なり、インテリア
の美しさを損なうことがないというのが挙げられます。
室内機は天井裏や階段下などのデッドスペースに設置されることになり、露出部分は小さな
吹出口などしかありません。
したがってスペースも取らず、インテリアコーディネイトも思う存分に楽しめます。
外観もコンパクト化した室外機を分散設置もできるので、威圧感を感じません。